老眼鏡オススメ通販

アドレンズ ライフワンのリーディンググラス(老眼鏡)は度数を自由に調節できる逸品!

リーディンググラス
老眼の初期症状が現れるのが、だいたい40代からといわれ、しれから年齢を重ねるにつれ、よく見えることのありがたみが身にしみます。

老眼は初期の老眼にはじまり、徐々に進行していきます。そうなると、最初は軽い度数で間に合っていたのも、進行に合わせて度数も上げていかなければなりません。

リーディンググラス(老眼鏡)には、まず、通常在庫されて売られているものがあります。

今や100円ショップでも購入できるものもありますが、それらは1.0、1.5、2.0、2.5、とだいたい0.5きざみの度数で品揃えされていて、その場ですぐ購入できる便利さがあります。

それに対して、眼科や専門店で視力検査を行い、今の自分の症状に合ったリーディンググラス(老眼鏡)を作るという方法があります。

こちらは、老眼の度数に加え、遠近両用やサングラスなど、いろいろな仕様を作ることができ、また、フレームデザインも多くのフレームから選ぶことができますが、料金もそれなりにしますし、製作日数もかかります。ちなみにJINSでは約3000種のデザインから選ぶことができます。

どちらのリーディンググラス(老眼鏡)も、症状が進行するにつれ度数を上げていく必要があり、そのたびに買い換えたり、作り直したりしないといけません。

そこで誰もが頭に浮かべるのが、自分で自由自在に度数を調節できる機能があれば1本ですむのにということです。

アドレンズ ライフワン
自由に度数調整ができるリーディンググラス(老眼鏡)

 

アドレンズ ライフワンというリーディングラス(老眼鏡)をご存じですか?

アドレンズ ライフワン
アドレンズ ライフワン

実はこのアドレンズ ライフワン、自分で自由に度数を調節できる機能が付いているのです。必要に応じてツマミを前後に回すことで、老眼はもちろん、近視や遠視にも対応しています。

一般的に40代から70歳代に必要とされる老眼度数は+5.0D(ディオプター)といわれ、アドレンズ ライフワンはなんと−4.0から+5.0Dまでカバーしています。

度数表

そのため、市販のリーディンググラス(老眼鏡)では合わないとか、左右の度数が違うという場合も対応でき、度数の進行に合わせて調節すれば、これ1本で長い間使い続けることができます。

調節の仕方

また、家族などと共有できるため、一家に1本用意しておくと何かと便利です。

すでに世界44の国と地域で販売されシリーズ累計100万本突破している実績もありスタイルもなかなかお洒落、しかも比較的リーズナブルな価格というのも、魅力的なリーディンググラス(老眼鏡)です。

フレームカラーも5色で展開され、ワイン、ブラック、ブルー、クリアー、グリーンから選べます。
老眼の初期から進行が落ち着くまで買い替えなしでカバーできる、”生涯使える老眼鏡”がアドレンズ ライフワンのリーディングラス(老眼鏡)なのです。

用途に分けて、
アドレンズスペアペア、アドレンズインターフェースも

 

さらに、アドレンズシリーズには、アドレンズスペアペアアドレンズインターフェースという製品もラインアップされています。

アドレンズスペアペアは、超軽量の17gのインスタントメガネ。フレーム左右のツマミを回し、左右それぞれ2枚のレンズを動かす事で、度数を自分で調整する事が出来ます。
度数は-6.0から+3.0Dとなっています。
フレームカラーは、5色展開(ピンク、ブラック、ブルー、クリアー、グリーン)。

アドレンズ スペアペア
アドレンズ スペアペア

アドレンズインターフェースは、ブルーライトカット仕様。驚異の64%カットです。こちらも超軽量17gで、ツマミ調節で度数を調節できる革新的なブルーライトカットメガネです。
度数は-6.0から+3.0Dとなっており、フレームカラーはブラックとクリアーが選べます。

アドレンズ インターフェース
アドレンズ インターフェース

 

3種類のリーディンググラス(老眼鏡)で快適生活を

 

市販の在庫品のリーディンググラス(老眼鏡)は、ちょっとした時に便利使い、お洒落に眼鏡を楽しむリーディンググラスは視力検査をおこなった自分だけの別注品。

そして、一家に1本、また実用的にメインとして使えるアドレンズシリーズと、3種類のリーディンググラス(老眼鏡)を使い分けるのが理想的かなと思います。

楽天市場でアドレンズライフワンを見る

Amazonでアドレンズライフワンを見る