老眼の知識

老眼は老化現象の一つ。長く付き合う気持ちで

一般的に30cm前後の距離が、見えづらくて不自由を感じるようになった状態を老眼と言っています。

老眼というと何となくお年寄りの方をイメージしてしまいますが、症状の出だす年齢には個人差があり、
正視眼の場合、早い人では40歳の手前ぐらい、平均的には45歳ぐらいから老眼の自覚症状が現われてきます。

眼の焦点があわない男性
焦点が合わず眼が疲れるなどの症状が!
老眼の代表的な症状

老眼の代表的な症状としては、

  • 小さくて細かい字が見えにくい
  • 新聞や本をついつい遠くに離して読むようになった
  • 薄暗い所では字が読みにくい
  • 眼が疲れる
  • 長時間、本を読むと首や肩がこったり、頭痛がする
  • イライラする

などが挙げられます。

 

「私は多分大丈夫!」と思っていても、老眼というものは老化現象のひとつであり、遅かれ早かれ、いずれは誰の身にも引き起こされる症状なのです。

rougan_suishoutai

何かと不便をともうなう事が多い老眼ですが、老眼になるのは、眼の調節力(近くのモノを見るために、水晶体を膨らませる眼の力)が年齢を経るに従って低下してくるからです。

 

老眼とは長く付き合う気持ちで

なんとか老眼にならない方法はないものかと考えますが、残念ながらたいへん難しい問題です。肉体的な老化現象というのは誰しも回避できないものです。それでも、普段から水晶体が固まらないように動かしてトレーニングを心掛けていると、ある程度は老眼の進行を遅らせたりすることは可能かも知れません。

 

ただし、目を酷使し疲れ目などの眼精疲労を放置するなど、目を休ませることをしないと、かえって目に負担をかけることになり、老眼以前に他の病気を誘発してしまうことになりかねません。

 

老眼は悲しいかな老化の一つですので、そこは割り切って長く付き合う気持ちでいる方が精神的にも肉体的にも健全です。

 

老眼になったら老眼鏡を楽しむぐらいの気持ちが大切です。おしゃれでカッコいい老眼鏡をかけて楽しみたいものです。

 



JINS


視力アップ