おしゃれな老眼鏡

ペーパーグラス福岡のおしゃれな老眼鏡で知的なシニアになる!直営店国内4店舗めは「博多リバレインモール」

投稿日:

 

以前から関西の朝のFMラジオ〜FM COCOLOのDJであるヒロ寺平氏が、

「これはいい!」と絶賛していたのが、この老眼鏡「ペーパーグラス」。

 

老眼鏡というちょっと抵抗感のあるイメージを払拭し、

シニアのライフスタイルを変えたとまで言われるほど話題になっているそうです。

プレミアムクラシック

近視の方でも必要な時だけメガネを使いたいというニーズに着目した「プレミアムクラシック」(37,800円~)

 

驚異の軽さと、厚さ2ミリの極薄仕様、まさにペーバー(紙)の名のとおり

なにせ、このペーパーグラスの特徴はその薄さ。

折りたたむと2mmほどの厚さしかなく、長財布にでも入りそうな薄さ。

勿論、ジャケットやシャツの胸ポケットにもスッキリおさまる厚さです。

しかも丈夫でおしゃれなシンプルデザイン。

 

あまりにも薄くて軽いため、すぐ無くしてしまいそうな心配をしがちですが、

そこそこの値段がするので、そこは大人らしくしっかり管理しましょう。

 

デザイン的にも超シンプルで無駄がまったくありません。

野暮ったいメガネとは雲泥の差で、

そのスタイリングで知的なシニアになりきれます。

 

国内4店舗めのペーパーグラス福岡がいよいよオープン

そのペーパーグラスの販売店『ペーパーグラス福岡』が、

11月25日(土)に「博多リバレインモール」地下2Fにオープンします。

 

売り場面積、品揃え共に国内最大級で、100種類を超える全モデルが揃い、

専用ケースやアクセサリーも販売するそうで、

2017年グッドデザイン賞受賞の「プレミアムクラシック」など、

直営店と一部取扱店にしかない限定商品も登場するそうです。

 

『ペーパーグラス福岡』は、

「めがねの聖地」と呼ばれる福井県鯖江市のから生まれ、

福井、東京、大阪についで国内で4店舗目の店舗となります。

 

多くは40代から始まる老眼ですが、

今までのように少しネガティブなイメージを払拭したこのペーパーグラスで、

ワクワクしながら自分好みの老眼鏡を選んでたいものですね。

 

■ペーパーグラス福岡 博多リバレイン店
福岡市博多区下川端町3丁目1 博多リバレインモールB2F

■ペーパーグラス福井駅前店
福井県福井市中央1丁目5-11

■ペーパーグラス東京 帝国ホテル店
東京都千代田区内幸町一丁目1-1 帝国ホテル本館1階

■ペーパーグラス大阪淀屋橋odona店
大阪府大阪市中央区北浜4-3-1


jins

-おしゃれな老眼鏡

Copyright© おしゃれな老眼鏡の選び方 , 2018 AllRights Reserved.